【特別調査報告書】 














先端テクノロジーによる未来市場創造戦略に関する調査
-自然エネルギー、アンビエント情報環境、脳科学の市場創造戦略-

報告書完成 !

http://www.aqu.com/mirai-business-research/




はじめに


我々は時間と空間の中で生きている。とりわけ、時間を管理することは、大切なテーマである。ビジネスとしては、過去の教訓を生かし、現状の実態をとらえた上で、未来を予測し、企画構想、事業を推進していく、という流れがある。

さて、2011年3月11日に起きた東日本大震災は、日本の近代の歴史を考えると、明治維新、太平洋戦争敗戦に続く、極めて重要な転換点、といっても過言ではないだろう。復興は言うまでもなく、日本の今後のあり方、とくにエネルギー政策の思い切った見直しが必要との認識が深まりつつある。この意味でもこれから、産業界、一般生活すべてが大転換してゆくと考えられる。

弊社では、これまで、最先端テクノロジーが切り拓く未来市場をテーマに、自然エネルギー、ユビキタス、アンビエント、脳科学などの市場調査分析を行うとともに、あるべき未来からの発想をテーマとした調査報告書なども発刊してきた。これらの調査報告書では、数千人に対するアンケート調査の技術・需要調査結果をふまえ、未来の企画構想をまとめている。

ある先端企業の方針では、大胆な発想と企画を社員にもとめている。大胆な発想と企画とはどのようにしたら獲得できるか? 単なる夢、直感だけでは満たされないものがある。さまざまな情報分析、高度なテクニカル分析等も必要である。さらにはまた、脳科学的に感性を磨いたり、消費者、需要家の意見なども考慮しなければならない。

そこで、当報告書では、先端テクノロジー関連の市場である、自然エネルギー、アンビエント情報環境、脳科学関連市場において、需要家アンケート調査結果と、未来企画構想の両サイドからまとめることにした。これらは、一見関係ない分野と思われるが、テクノロジーの視点でつながっている点が少なくない。また、思考においては、シングルタスクではなく、「マルチタスク」を誘発し、思わぬ発見、サプライズがあることだろう。こうした関連市場をつなげた、このような調査報告書は今までなかったはずである。

繰り返しになるが、今回の福島の原発事故を契機に、自然エネルギーへの期待が一気に高まってきた。弊社では、これは単なるブームではなく、エネルギーのパラダイムシフト、ひいては、人類のエネルギー、社会システムの大転換につながるものであると考えている。

そこで、変化こそチャンスであり、起業家、ベンチャー、事業開発の人々にとって、今後、新たなビジネスチャンスに対して、どう取り組めばよいか、当報告書では、適切な事例とともに、構想、企画提言をしている。

当報告書が皆様のビジネス成功、社会貢献、、よりよい社会づくりのために、少しでも寄与できれば幸いである。
                                 
                                             AQU先端テクノロジー総研




 
日本は今、
東日本大震災、原発事故という、
まさに歴史的大試練に直面しています。

しかし、
英知の結集、そして先端テクノロジーの活用により、
必ずや新生日本としてよみがえることでしょう。

社会貢献という視点を持って、
この調査報告書をぜひとも活用し、
ビジネス発展してもらえれば幸いです。
(担当者)
 





表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)




◆セット定価 \94,500.- (本体 \90,000.-、消費税 \4,500.- )

↓ 以下よりお選びください。   

 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ) ¥90,000.-(本体)  \4,500.-(消費税)
 □ 報告書製本版 のみ                ¥30,000.-(本体)  \1,500.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ         ¥80,000.-(本体)  \4,000.-(消費税)

(2011.6)

◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 237頁
ISBN 978-4-904660-18-8










◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info(アットマーク)aqu.com
※(アットマーク)の代わりに「@」を入れてください
(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)




【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、三洋電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、日本電気、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、ヤマハ、松下電工、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、日本ビクター、NECエレクトロニクス、プラザクリエイト、NTTデータ、NTTドコモ、大日本印刷、サイバード、コニカミノルタ、山武、マッキンゼー、旭化成、トヨタ、ホンダ、その他多数(順不同)
  


━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━━━━

◆弊社関連調査タイトル

『ソーシャルテクノロジーが拓く未来戦略  
ソーシャルメディアにおけるビジネス市場開発に関する調査
-新ビジネス戦略と共感マーケティング-』
http://www.aqu.com/social-media/

『未来市場を切り拓く!
感動価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略』
http://www.aqu.com/kandou-business-success/

『自然エネルギー、スマートグリッドに関するアンケート調査レポート』
-自然エネルギー関連の製品サービスを考える-
http://www.aqu.com/natural-energy-enquete/

『脳インタフェース応用市場の展望と研究開発ならびに需要動向に関する調査
- BMI/BCIが拓く、新市場の展望と今後のビジネスチャンスの可能性を探る -』 
http://www.aqu.com/bmi-bci-research/

『アンビエント情報環境における製品サービスの市場動向と市場戦略
-アンビエント・システム、アンビエント・デバイス等の開発動向とビジネス戦略-』 
http://www.aqu.com/ambient-research/


『新世代ネット端末、新ネットサービスの市場動向と市場戦略に関する調査 
- Android搭載機器、新ネットサービスの市場展望と予測、ビジネス戦略 - 』 
http://www.aqu.com/new-generation/

━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━━━━