【特別調査報告書】 






2014年9月発刊




臨場感HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の新用途、新需要動向に関する調査

報告書完成 !

http://www.aqu.com/new-hmd-need/





臨場感HMDの利用したい分野は
「観光体験」、「宇宙体験」、「飛行体験」がベスト3 !

新コンテンツ革命の到来、
ソーシャルメディアと臨場感HMDの融合に可能性 !

臨場感HMDの新用途、新需要に関する調査まとまる !



● 臨場感HMDの利用したい分野は、「観光体験」、「宇宙体験」、「飛行体験」がベスト3。最新のHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)が発表される中、2,200人を対象に、アンケート調査を実施したところ、このような調査結果が出た。
● この調査は、インターネットを利用して、2,200人の協力を得て、9月15〜18日に実施し、調査報告書『臨場感HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の新用途、新需要動向に関する調査』として、まとめたものである。
● ソーシャルメディアのフェイスブック社がHMDのベンチャー、Oculus VRを20億ドルで買収したが、その後、Oculus Rift の開発キットが販売されており、国内でも関心度が急速に高まっている。また360度カメラの販売など関連製品にも好影響を与えている。調査では、フェイスブックの利用者、ミクシィの利用者、パソコン利用者、スマホ利用者、おたく(オタク)、Oculus Rift 利用体験者ごとに、調査分析しており、ソーシャルメディアと臨場感HMDの相性のよさ、融合の可能性が確認できた。


【調査結果より】


● 臨場感HMD、期待したいアプリ、サービス (2,200人による)





● 臨場感HMD、アプリ、サービスについて

臨場感のある映像(CG映像や、ビデオ映像など)が見られる、没入型ヘッドマウントティスプレイ(HMD)を使って、利用してみたい用途について質問した。
その結果、「観光案内」が55.0%と最も多く、続いて、「宇宙体験」50.6%、「飛行体験」44.1%となっている。「観光案内」は旅行会社での旅行商品の説明、観光地、遺跡等での説明等に有用とみられる。「宇宙体験」、「飛行体験」はふだん経験できない世界であり、関心の高さが伺える。続いて、「ゲーム」、「ライブ中継」、「秘境体験」、「精神安定・いやし」などへの関心が高かった。ゲーム以外に、着想しだいで、さまざまな用途が開発できるといえる。

● 臨場感HMD、および関連の最先端製品などに対する関心度

HMD、および関連の最先端製品などに対する関心の高さについても質問したところ、
「大いに関心あり」は、HMD(ヘッドマウントディスプレイ) 8.1%、メガネ型ウェアラブルコンピュータ8.0%、人工知能ロボット8.0%が多く、続いて時計型ウェアラブルコンピュータ6.5%、遠隔操作、分身ロボットであった。また、「大いに関心あり」「関心あり」を合わせてみると、人工知能ロボット30.6%、メガネ型ウェアラブルコンピュータ28.1%が多く、続いて、遠隔操作・分身ロボット26.7%、HMD24.9%と続いている。
全体的には、それほど大きな違いはないものの、3人に1人の割合で、人工知能ロボットに関心があり、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)には、4人に1人が関心を持っていることが分かった。

● なお、同調査では、「臨場感HMD、および関連の最先端製品などに対する関心度」、「関心のあるHMD関連の企業」、「仮想商品サービス、臨場感HMDサービス、臨場感アプリなどへの期待、需要度」、「臨場感HMD、アプリ、サービス」、「仮想商品サービスへの期待、需要」について、調査分析している。

● アンケート調査では、回答者のコメントから、臨場感HMDは、まさに『コンテンツ革命』を引き起こすという予感が感じられている。従来のバーチャルリアリティ(VR、仮想現実)を超えて、バーチャルリアリティ(VR)が新時代に入ろうとしている、ともいえる。

● 以下、参考までにコメントのいくつかを紹介する。



(参考) 臨場感HMDの利用シーン、イメージ例



【臨場感HMD、新コンテンツ革命の可能性】


従来のゲームの世界をより深く、体感できるとともに、教育、医療、観光、映画、コミュニケーションなど、幅広い世界に浸透する可能性を感じさせる。

臨場感HMDの世界の用途としては、まず、ゲームやスリルを味わう世界がある。「ゲームの主人公等になり、ゲーム内に入っていける。」 (男性、50才)、「ジェットコースターとかスカイダイビングの模擬体験をしたい。」 (女性、21才)、「スポーツの試合をスタジアムにいる感覚で自宅で見たい。」 (男性、43才)、「ライブに行くことがあるのでライブに参加した一体感が味わえると楽しいと思う。」 (女性、59才)、「ライブ、コンサートなどをオンデマンドで楽しめると良い。」 (男性、37才) といった意見が出ている。

健常者だけでなく、不自由な人たちにも有用だ。「体の不自由な人が古代遺跡に行ったり、欲しいものを買いに出かけたりできると、生活の幅が広がって前向きな気分になれると思う。映画のワンシーンのような世界で主人公になりきってみたい。」 (女性、25才)。また教育、社会体験、医療活動などにも可能性がある。「教育などの場で、臨場感を実体験できるようなことは素晴らしいと思う。」 (男性、66才)、「様々な外の場所で、現地の過去の建物や災害が体験でき、教育に生かせればよいと思う。」 (女性、22才)、「神経科治療、リハビリなどの医療や健康づくりに、役立たせられればよいと思う。」 (男性、68才)などである。

いっぽう、近未来のビジネスシーンを感じさせる一例としては、「遠方にある店舗の中古車の状態を360°確認したり、実際に運転しているような感じを受け取れるようになればよい。」 (男性、49才) 、「これから行く旅行先、特に宿泊先の映像を見て雰囲気や、ロケーションを確かめるのに利用したい。」 (女性、60才)というものもある。そのほか、「ロボット等との連携により、健康・知育に役立てられれば良いと思う。」 (男性、45才)、「精神的な病気の治療に役立てると良いと思う。」 (女性、45才)といった意見もある。

この臨場感HMDのもたらすインパクトは、はかり知れないものがあると考えられるが、「過去の映像を振り返り、今後に活かす材料として、もう一度思い出したいときに試してみたい。」 (男性、22才) 、「過去の映像、現実の映像、ライフログなどの映像を融合させた体験ができるとよい。」 (男性、42才)、「過去・現実・未来の融合。」 (男性、63才)、「過去の世界へ行って思い出のシーンを体験してみたい。」 (女性、55才)、というように、ライフログと深く関係している点に注目したい。また高齢化社会のことを考えると、過去映像、ライフログ映像のニーズはコンテンツ開発の深度によっては、大きいものがあるといえるだろう。

臨場感HMDをベースとした、ゲームの世界、ロボット連携、遠隔コミュニケーション、ライブ中継、過去の思い出体験など、実に多くの分野で、未来ビジネスの可能性があると実感される。実際、「今までにない未知との遭遇を体感したいです。」 (男性、26才) というように、わくわく感のある意見が多い。

なお以下のように、貴重な意見が寄せられた(一部のみ記載)。

・ 子供の学習や大人のカルチャースクールなど自宅にいてもできるようになるとうれしい。(女性、43才)
・ 高齢なので実際にはできないスカイダイビングや、海の中をマンタと泳いだり、世界遺産のマチュピチュとか地上絵を体感したいです。(女性、73才)
・ 行ったことのない場所(観光地、遺跡、宇宙空間等の仮想体験をしたい。 (男性、72才)
・ 映画やゲームの世界に入っているような体験をしてみたい。(男性、52才)
・ ヨーロッパのアルプスの上を飛行体験してみたい。(女性、66才)
・ 空を飛びたい。雲に乗りたい。海の中を泳ぎたい。(女性、66才)
・ ロボットとの交流、操作を体験したい。(男性、59才)
・ 患者さんの回復につながる臨場体験。 (男性、70才)
・ 遠く離れたライブ会場に行かずに体験できるのはうれしい。(女性、58才)
・ 体の不自由な人に色々体験できていいと思いますし、自分も年をとるので分身ロボットで色々な体験をして見たいです。とても関心があり何でも体験したいと思います。(女性、75才)
・ 過去の思い出の再会をしてみたい。(男性、80才)
・ 精神的な病気の治療に役立てると良いと思う。 (女性、45才)
・ 歴史上の名シーンを臨場感をもって体験したい。(男性、39才)
・ 体の不自由な人が古代遺跡に行ったり、欲しいものを買いに出かけたりできると生活の幅が広がって前向きな気分になれると思う。映画のワンシーンのような世界で主人公になりきってみたい。(女性、25才)
・ これから行く旅行先、特に宿泊先の映像を見て雰囲気や、ロケーションを確かめるのに利用したい。(女性、60才)
・ 世界の絶景スポットを気軽に自宅で体験出来たら、最高な気分になれると思います。(男性、58才)
・ ライブに行くことがあるのでライブに参加した一体感が味わえると楽しいと思う。(女性、59才)
・ 今までにない未知との遭遇を体感したいです。 (男性、26才)
・ ゲームの主人公等になり、ゲーム内に入っていける。(男性、50才)
・ 音、振動、匂い、風などトータルにシンクロ動作させた設備で映画を楽しみたい。(男性、50才)
・ 危険を伴う体験が出来たら楽しいと思います。(ロッククライミング・スキューバーダイビング・カーレース・スカイダイビング等)(男性、41才)
・ 遠隔地の買い物を実際にビデオを通して、体験しながら買い物ができたら、高齢者や買い物に行けないときにも、とてもありがたい仕組みです。(女性、21才)
・ 過去の映像、現実の映像、ライフログなどの映像を融合させた体験ができるとよい。(男性、42才)
・ 360度カメラを使って、コンサート中継などのイベントに利用する。ネットを通じて、一緒にライブ参加した感覚が味わえるのは素晴らしい。 (男性、66才)
・ 過去の世界へ行って思い出のシーンを体験してみたい。(女性、55才)
・ 実際のラジコンヘリなどにカメラを搭載して、遠隔操作してみたい。(男性、45才)
・ ロボット等との連携により、健康・知育に役立てられれば良いと思う。(男性、45才)
・ スカイダイビングやバンジージャンプなど、普段なかなか体験できないようなスリルある体験がしてみたい。(男性、31才)
・ 臨場感が味わえるスポーツ観戦などのライブ中継や、視覚だけではなく触感や匂いなどもバーチャルで体験できるとよい。(男性、43才)
・ 身近に身体が不自由で、寝たきりの人がいるが、そのような人にも旅行体験をさせてあげられれば、励みになると思う。(女性、62才)




※ 調査結果詳細は、同社の調査報告書「臨場感HMDサービス、臨場感アプリの開発動向と市場予測に関する調査」(近日刊、予定)に反映される予定となっています。なお、新用途、新需要動向に関する調査レポートのみの販売も受け付けております。(期間限定)

http://www.aqu.com/new-hmd-need/









表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)




◆セット定価 ¥50,000.-(本体)  \4,000.-(消費税)

↓ 以下よりお選びください。   

 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ) ¥50,000.-(本体)  \4,000.-(消費税)
 □ 報告書製本版 のみ                ¥20,000.-(本体)  \1,600.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ         ¥40,000.-(本体)  \3,200.-(消費税)


◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 166頁









◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)



※期間限定の販売のため、当該資料の販売は、現在いたしておりません。

ご関心がおありの場合は、係りまでご相談ください。



【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、三洋電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、NEC、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、ヤマハ、ヤマハ発動機、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、日本ビクター、NECエレクトロニクス、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、コニカミノルタ、アズビル、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、野村総研、シードプランニング、旭化成、大和ハウス工業、資生堂、味の素、IHI、東京大学、大阪大学、慶応大学、富山県立大学、その他多数(順不同)