【特別調査】






2021年4月発刊




宇宙テクノロジー、量子メドベッドの可能性と市場展望に関する調査
 -機密解除を契機に注目される最先端テクノロジーの未来戦略-


報告書完成 !

https://www.aqu.com/space-tech-medbed/






はじめに


SF映画は人々に未来への夢や感動、スリル、仮想世界を楽しむなどの娯楽を与えてくれています。これらの映画の中には未来に実現するかもしれないような技術、いわゆる「宇宙テクノロジー」が、描かれています。そこで技術系の会社員2,300人に対して意識調査を実施しました。未来の技術、先端テクノロジーについて、今後の開発に期待したり、使ってみたいものはありますか? と会社員に質問したところ、「若返り、アンチエイジング」、「テレポーテーション」の2つが最も多く、続いて、「反重力クラフト」、「フリーエネルギー」、「音波治療器」、「常温超伝導」、そして、「メドベッド」などがありました。

ところで、技術的に世界のトップを走っている米国では、最近になり、機密情報の開示が進みつつあります。2020年12月下旬にアメリカ合衆国連邦議会が可決し、大統領が署名して成立した法案には、UFOに関する詳細な情報など、従来秘匿としてきた技術情報や特許情報の開示が義務付けられていました。このため、2021年以降、今までSFの世界でしか見られなかった技術情報に触れる機会が多くなってきつつあります。そうした中、一部の情報通の人々に関心がもたれているのが、宇宙テクノロジーの一つである「メドベッド」です。「メドベッド」は、その名でイメージされるように、寝ているだけで、医療処置や治療などがなされ、さまざまな病気などが治る、とされているものです(映画『エリジウム』のシーンなどに表現されています)。ただし期待だけをあおる風潮もあり、今こそ冷静な判断力が問われているともいえます。

そこで、当調査では、宇宙テクノロジー、メドベッドの現状を調査分析し未来ビジョンを描きだすことに注力、成功しました。シナリオシミュレーションの予測では、メドベッド関連市場は2030年には、1兆円規模に達することが分かりました。

未来予測にあたっては、最新の米国の特許技術情報等を調査するとともに、関連企業の調査を行い、まず現実目線から情報分析を行いました。またリバースエンジニアリング的発想により、製品コンセプトを描き、関連する技術の応用製品市場の市場予測を参考としながら、市場予測を行いました。この過程で、有力な技術等を有するスタートアップ、ベンチャー企業等が分かり、投資面でも有益な情報を収集することに成功しました。

これからの宇宙テクノロジービジネスとして注目される企業の中には、世界的なUFO現象の研究から始まり、材料科学研究、エンターテインメント部門などを手掛けるTo The Stars Academy of Arts & Science社、タキオン推進エンジンを開発しているTachyon Aerospaceなどがありますが、日本でもこの種の研究が盛んとなりつつあることが分かりました。

当調査報告書は、宇宙テクノロジー関連の内外の技術動向、市場動向の調査をふまえ、宇宙テクノロジー、とりわけ、メドベッド関連の市場動向、市場予測、さらに、ビジネス戦略構想についてまとめたものです。当調査報告書が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いです。 


                            AQU先端テクノロジー総研

 

















表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)



関係者の感想コメントより

■「ケネディ元大統領の今まで読まれることのなかったメッセージについて、初めて知りました。感動ですね! ケネディ元大統領の息子とトランプ、トランプとテスラの関係がよく分かり、大変勉強になりました。」(大手病院関係者)
■ 「メドベッドの取り扱いをしたいと考えています。未来計画を進める上で、スケールの大きい秘密情報が多くあり、とても参考になりました。」(医療器機販売会社)
■ 「宇宙テクノロジーに大変興味があります。各種製品開発を進める上で、また提携推進などで、非常に参考になりました。」(製品開発・研究開発関係者)




◆セット定価 \198,000.- (本体 \180,000.-、消費税 \18,000.- )

↓ 以下よりお選びください。   


 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ)  ¥180,000.-(本体)  \18,000.-(消費税) 
 □ 報告書製本版 のみ  ¥80,000.-(本体)   \8,000.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ  ¥160,000.-(本体)  \16,000.-(消費税)

 □ 法人内共同利用版  (CDデータ版) ¥240,000.-(本体)  \24,000.-(消費税) 
 □ 法人内共同利用版  (製本版+CDデータ版) ¥260,000.-(本体)  \26,000.-(消費税)


ISBN 978-4-904660-45-4

◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 275頁








◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)




【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、NEC、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、村田製作所、太陽誘電、ヤマハ、ヤマハ発動機、スズキ、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、JVCケンウッド、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、ニコン、コニカミノルタ、アズビル、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、野村総研、シードプランニング、旭化成、大和ハウス工業、資生堂、味の素、IHI、川崎重工業、JFE、国立研究開発法人、東京大学、東京工業大学、大阪大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学、日本大学、立命館大学、富山県立大学、その他多数(順不同)