【特別調査報告書】 





2013年12月発刊




ウェアラブル・デジタルの最先端ビジネスモデルの開発動向と戦略
−ビジネスモデルの新潮流、アプリ開発、市場戦略に関する調査−

報告書完成 !

http://www.aqu.com/wearable-business/







  はじめに


 次世代ビジネスモデルの重要性が高まってきている。

 ビジネス戦略を進める上で、ビジネスモデルの重要性は年々高まってきている。かつて弊社では、米国におけるインターネットベンチャーを調査、数多くのビジネスモデルを調査したことがある。たまたま時を同じくして、同様に米国ベンチャーのビジネスモデルを調査していた人物は、その後、ソーシャルメディア企業を設立、上場を成し遂げ、企業グループを持つなど、サクセスストーリを描いた。時代の最先端ビジネスモデルを数多く調査研究することは、事業を成功に導く上で、重要なステップと考えられる。

 ウェアラブルは1990年代頃より話題になってはいたものの、携帯電話の普及などに押され、話題には上りづらくなっていた。しかしながら、GoogleやAppleなどの開発製品化が話題となり、今や、Wearable = Wear + your + love(愛)、あるいは、Wear+able (可能性)、といったナイスな解釈、コンセプトが出てくるほど、未来市場の可能性を感じさせている。

 最近では、Google、Apple、Microsoftなど世界的IT企業が関心を示し、またテレパシーなどのベンチャー企業も本腰を入れようとしており、一気に注目されるようになってきた。市場としては、アプリ、デバイス、センサー、クラウド、サービス等の関連市場においても潜在需要が大きい。たとえば、アプリの世界市場は、今後、年率30%強で成長してゆくものとみており、5年後の2018年には、37,000 (millions $)規模に達し、そのうち20%程度がウェアラブル関連と見ている。新たに創出されるウェアラブル・アプリビジネスの可能性は大きい。

 当調査では、端末系、アプリ系、サービス系、企画系、新発想系のビジネスモデル30を調査分析した。時代の大きな流れを考えると、企業の栄枯盛衰は必ず起きており、成功企業がいつまでも勝ち続けているわけではない。大企業でもチャレンジ精神のある企業や、先見力のあるベンチャー企業などは市場を開拓、成功へ向けて前進を続けている。ウェアラブルビジネスにおいては、アプリ開発が重要視されてきており、キラーアプリをつかめるかどうか、独自のメソッドを組み入れられるかが、今後の勝敗の行方を左右させるといっても過言ではない。その意味では、特区を活用するなど、実証実験をふまえながら、アライアンスを組んでゆくことも一案だ。

 当調査報告書が、スマートフォンのNEXT市場に挑む、 先進的企業の皆様のビジネス開発、研究開発に少しでも寄与できれば幸いである。


                            AQU先端テクノロジー総研
  











表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)


サンプル

内容サンプル(図)




◆セット定価 \205,200.- (本体 \190,000.-、消費税 \15,200.- )

↓ 以下よりお選びください。   

 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ) ¥190,000.-(本体)  \15,200.-(消費税)
 □ 報告書製本版 のみ                 ¥95,000.-(本体)   \7,600.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ         ¥180,000.-(本体)  \14,400.-(消費税)


◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 169頁
ISBN 978-4-904660-24-9









◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)



 



【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、三洋電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、日本電気、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、ヤマハ、松下電工、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、日本ビクター、NECエレクトロニクス、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、コニカミノルタ、アズビル(山武)、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、旭化成、資生堂、味の素、IHI、東京大学、大阪大学、その他多数(順不同)