【特別調査】






2019年8月発刊




5G時代におけるXRビジネスの市場展望、市場開発に関する調査

報告書完成 !

https://www.aqu.com/5g-xr/






はじめに

 


    IoT (Internet of Things) 時代の重要な基盤となる5G(第5世代移動通信システム)は、「超高速」、「多数同時接続」、「超低遅延」といった特徴により、新たなコミュニケーションの可能性を広げ、同時に大きなビジネスチャンスが生まれる。

  北米や韓国などで始まった5G商用サービスは、いよいよ、国内でも2019年秋よりプレ商用サービスを開始、2020年には本格的な商用サービスに入る。グローバル市場では5G対応のスマートフォンの出荷計画は上方修正されてきており、5Gの世界的な普及を背景に、グローバル市場では2023年には、5億台強の規模、5G化率は30%程度が予測されている。

  5G関連製品サービスの中でとくに注目されるXR(VR/AR/MR)ビジネスの市場性について調査したところ、XRデバイスはエンターテイメントなどの民生用途だけでなく、ソリューション、設計開発、トレーニングなどの産業用途が市場拡大傾向にあり、世界的に50~70%の高成長を続け、5年後の2024年のグローバル市場は18兆円規模が予測される。2020年には東京五輪の開催も市場促進要因のひとつであるが、その他注目されるところでは、アップルまたはスタートアップ等の本格的ARデバイス(スマートグラス)の発売も予想される。現実空間と重ね合わせるコンテンツのクラウドサービス等の新潮流が予想されている。ビジネスマンへの意識調査では、日本の持ち味はアニメなどのコンテンツであり、バーチャルYouTuberなどの可能性が挙げられている。VR関連では360度動画、自由視点なども注目されている。

   現在のXRビジネスは、5Gキャリアの企業、ローカル5Gに注力する企業、XR関連企業に分けて考えることができる。5Gキャリア、ローカル5Gの企業は、異業種企業等との提携を生かしながら、XRビジネスに取り組もうとしている。
  XR関連では、グローバル企業の動向が注目される。Oculus社の吸収合併でビデオ通話特化型のスマートディスプレイ「Portal」とOculusのVRヘッドセットに注力するFacebook Technologies、MRデバイスのHoloLensを展開するMicrosoft。Google Glass、Cardboardなどで何かと市場にインパクトを与えてきたGoogle、そしてApple Glassや5G Mac bookがうわさされるApple、通販ベースにIT事業を広げるAmazonなど、グローバル企業の次の一手が注目される。

  いっぽうで、内外のスタートアップ、MRデバイスのMagic Leap Oneを手掛けるMagic Leap、VRデバイスを手掛けるFOVEなども注目される。

   XRデバイスだけでなく、周辺サービス、ソフト開発等に取り組む動きがある。たとえば、VRプラットフォームに注力するAmazon、ソーシャルVRサービス「Somnium Space」を手掛けるSomnium Space社、国内では次世代ショッピングコンセプトとして、MRデバイスにより、商品をあらゆる角度から見ながら購入までワンストップで行えるシステムを開発するPsychicなど、さらに、AR技術をアルパインと組んで、3D AR技術として自動車搭載用ヘッドアップディスプレイ(HUD)に応用していくコニカミノルタなどが注目される。

  XRビジネスは、5Gを生かしながら発展してゆくが、ディスプレイ技術をはじめ関連の技術革新が急速に進化している中、事業の浮沈があるのも事実である。異業種企業等との提携を生かしながら事業開発を進めてゆくことが肝要といえよう。

  当調査では、5G時代におけるXRビジネスの市場展望、市場開発の動向をとらえた。当調査報告書がよりよい未来社会実現へ向けて、関係者の最先端のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いである。


AQU先端テクノロジー総研

 

 

 
















表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)




◆セット定価 \198,000.- (本体 \180,000.-、消費税 \18,000.- )

↓ 以下よりお選びください。   


 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ)  ¥180,000.-(本体)  \18,000.-(消費税) 
 □ 報告書製本版 のみ  ¥80,000.-(本体)   \8,000.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ  ¥160,000.-(本体)  \16,000.-(消費税)

 □ 法人内共同利用版  (CDデータ版) ¥240,000.-(本体)  \24,000.-(消費税) 
 □ 法人内共同利用版  (製本版+CDデータ版) ¥260,000.-(本体)  \26,000.-(消費税)



◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 261頁










◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)




【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、三洋電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、NEC、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、村田製作所、ヤマハ、ヤマハ発動機、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、日本ビクター、NECエレクトロニクス、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、ニコン、コニカミノルタ、アズビル、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、野村総研、シードプランニング、旭化成、大和ハウス工業、資生堂、味の素、IHI、国立研究開発法人、東京大学、東京工業大学、大阪大学、慶応大学、日本大学、富山県立大学、その他多数(順不同)