Q&Aコーナー

※以下は実際に当方にあったご質問です。。(2021年5月時点)


メドベッドは日本にいつ来るのでしょうか? 聞くところによると、7月頃設置されると聞きましたが。。
ご質問ありがとうございます。

メドベッドは宇宙のテクノロジーといわれています。一般の人がそのメドベッドの機能、働きの凄さを認識するには、かなりの時間がかかります。

スケールは違いますが、江戸時代の人が黒船来航、ペリー艦隊の大砲や、蒸気機関車に驚くようなもので、それを受け入れるにはかなりの年月がかかります。

メドベッドは一部、特殊目的(宇宙秘密計画や、こども救出作戦等)で使われているとの情報がありますが、まだ数が限られており、宇宙の先端技術をメーカーが取り入れ、量産体制に持っていったり、取り扱う医療人材などの教育、技術習得などにも時間がかかります。

こうしたことから、米国のフロリダ、テキサスなどの一部でまずテスト稼働、その結果を見て、順次拡がるとの見方がでています。日本については、残念ながらまだまだ先のようです。ただし、放射線治療器の中には、全身をスキャンして、がんを本格的に治療できるようなものも登場してきており、姿、形がSF映画に出てくるようなものとなってきており、これを間違えて(笑)、メドベッドと勘違いしている人もいるようです。(現在の医療機器もメドベッドに向かって進化しつつあるともいえます)



メドベッドの販売を計画している者ですが、メドベッドを販売しているところを教えてください。


お世話になります。

このたびはメールでのご連絡ありがとうございました。

ご質問の件ですが、現在多方面よりお問合せをいただいておりまして充分な時間がとれず、申し訳ございません。

まずはじめに○○様が構想されている事業につきまして、ご成功を祈念申し上げるしだいです。

話題になりつつあるメドベッドにつきましては、※※※※※のテクノロジーであるといわれております。※※※※との格差がありすぎるため、それが実現した場合、世界に広がった場合、今までの世界の価値観や産業が大きく変ることが想定されています。そのため、地球の未来について置かれた立場をいただいて勉強させていただいております。

話題になりつつあるメドベッドは、コンセプトがいくつもあり、一概に言えませんが、形としては、放射線治療器のようなイメージ画像が出回ったりしています。現在、このようなメドベッドは販売されておりません。したがいまして、製品化されていないものを販売することはできません。

ただし、最先端の医療器機メーカーでも、科学的積み重ねを経て、メドベッドとはかなりの格差はありますが、最先端の放射線治療器などの開発製品化を進めています。これらは将来的に、メドベッドに進化する可能性はなくはないとみられます。たとえば、Varian Medical Systems, Inc. 、ZAP Surgical Systems、Inc.、Nano-X 、Imaging Ltd 、Foxconn、キヤノンメディカル、富士フイルムホールディングス、シーメンス・ヘルシニアーズなどです。

メドベッドを拡大解釈してゆくと、再生医療、遺伝子治療などがあります。ソフトバンクは、AIと遺伝子治療のスタートアップを買収しており、今後の総合力が注目されています。

以上、簡単ではございますが、ご返事させていただきました。○○様のますますのご発展を祈念申し上げます。

実は、私の夫ががんで、がん治療を受けており、痛くてつらい日々を送っています。また私自身も初期の段階ですが、がんを患っています。お金はあるので、すぐにでもメドベッドを買いたいのですが、買えるでしょうか? 
ご質問ありがとうございます。

痛くてつらい日々とのこと、同情いたします。なんとか、よい方向に向かって欲しいですね。

さて、メドベッドについては、話題が先行して、実際、ものを見た人は、一部の秘密宇宙プロジェクトの関係者やチャネリングができる人などに限られています。メドベッドの画像がネットに出ていますが、その多くは、一部を除いては、SF映画の中の過去の作品だったり、現在の最先端のイスラエルの企業の非常に未来型デザインの放射線治療器だったりします。

一般的に、メドベッドは三つの種類があるとされています。
ただ、※※※もたくさんの種類がいます。また、その進化レベルもマチマチであり、かつまた、現在進行形で彼らも進化し続けています。そのため、宇宙スケールでは、さまざまなものがあると考えられます。そこで、あくまでも現時点における、いくつかの情報源からのものとして、浮かびあがってくる傾向として、まず、 量子治療メドベッド。患者の体をスキャンして診断し、治療する。イメージとしては、最先端の、陽子線治療装置(システム)に近いようです。次に量子再生医療メドベッド。これは、診断結果をもとに、再生医療の技術を使い治療を行うというもので、最近ではiPS細胞などのほか、AIと遺伝子による治療、3Dバイオプリンティングの技術なども関係しているようです。もうひとつは、量子ヒーリングメドベッドです。

この量子ヒーリングメドベッドは、ニコラ・テスラが研究していた宇宙エネルギー(テスラエネルギー、タキオン粒子、量子エネルギーなど)と深く関係しているようです。ゼロポイントフィールドという言葉がありますが、もともとこの宇宙はいたるところにエネルギーがあり、このエネルギーを応用したものといえそうです。従来の枠組みとしては、代替医療、自然療法の流れを受けたものといえそうです。調査していきましたところ、この流れで研究を続けている企業がいくつかあることがわかりました。現時点、これがメドベッドだというには、かなりの無理がありますが、コンセプトとしては、究極のメドベッドの方向につながっている、と考えられます。細胞の健康を、宇宙エネルギーによって再充電、修復するというものです。一般的に、将来的にメドベッドが製品化され実用化された場合、さまざまな製品形態が存在すると考えられますが、購入するには数百万ドル(数億円)と試算されています。それまで待てない!という人にとっては、とりあえず、上記のようなものを試してみるのもよいかもしれません。(さまざまなプランがあるようです。ペット用、ワンちゃん用もあるのは、ちょっと、驚きです。。 

調査した限りにおいては、メドベッドを構成する技術要素は研究者たちの努力により、日々進化を続けています。完璧なメドベッドの実現、普及にはまだまだ、かなりの時間がかかると思われます。医療関係者のたいへんな努力もあると思います。また、地球上において、二元対立的あらそいが、すみやかになくなり、宇宙テクノロジーの平和利用という認識が拡がることも、宇宙的視点からみれば、重要なポイントとなってくることでしょう。メドベッドが人類の健康、平和発展に寄与することを願ってやみません。

※なお、将来的に予想されるメドベッド関連医療製品につきまして、とくに医療関係ビジネスに取り組みたいとお考えの方(企業)におかれましては、国内外の法律、薬機法(旧薬事法)等を充分ご理解の上、取り組んでいただきますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。


宇宙テクノロジー、量子メドベッドの可能性と市場展望に関する調査

調査コンサルティングの依頼

TOPに戻る