メドベッドとは





メドベッドについては、話題が先行して、実際、ものを見た人は、一部の秘密宇宙プロジェクトの関係者やチャネリングができる人などに限られています。メドベッドの画像がネットに出ていますが、その多くは、一部を除いては、SF映画の中の過去の作品だったり、現在の最先端のイスラエルの企業の非常に未来型デザインの放射線治療器だったりします。

一般的に、メドベッドは三つの種類があるとされています。
ただ、※※※もたくさんの種類がいます。また、その進化レベルもマチマチであり、かつまた、現在進行形で彼らも進化し続けています。そのため、宇宙スケールでは、さまざまなものがあると考えられます。そこで、あくまでも現時点における、いくつかの情報源からのものとして、浮かびあがってくる傾向として、まず、 量子治療メドベッド。患者の体をスキャンして診断し、治療する。イメージとしては、最先端の、陽子線治療装置(システム)に近いようです。次に量子再生医療メドベッド。これは、診断結果をもとに、再生医療の技術を使い治療を行うというもので、最近ではiPS細胞などのほか、AIと遺伝子による治療、3Dバイオプリンティングの技術なども関係しているようです。もうひとつは、量子ヒーリングメドベッドです。

この量子ヒーリングメドベッドは、ニコラ・テスラが研究していた宇宙エネルギー(テスラエネルギー、タキオン粒子、量子エネルギーなど)と深く関係しているようです。ゼロポイントフィールドという言葉がありますが、もともとこの宇宙はいたるところにエネルギーがあり、このエネルギーを応用したものといえそうです。従来の枠組みとしては、代替医療、自然療法の流れを受けたものといえそうです。調査していきましたところ、この流れで研究を続けている企業がいくつかあることがわかりました。現時点、これがメドベッドだというには、はっきり言ってかなり無理がありますが、コンセプトとしては、究極のメドベッドの方向につながっている、と考えられます。細胞の健康を、宇宙エネルギーによって再充電、修復するというものなどが注目されています。一般的に、将来的にメドベッドが製品化され実用化された場合、さまざまな製品形態が存在すると考えられますが、購入するには数百万ドル(数億円)と試算されています。それまで待てない!という人にとっては、とりあえず、試してみるのもよいかもしれません。(さまざまなプランがあるようです。ペット用、ワンちゃん用もあるのは、ちょっと、驚きです。。 

調査した限りにおいては、メドベッドを構成する技術要素は研究者たちの努力により、日々進化を続けています。完璧なメドベッドの実現、普及にはまだまだ、かなりの時間がかかると思われます。医療関係者のたいへんな努力もあると思います。メドベッドが人類の健康、平和発展に寄与することを願ってやみません。

※なお、将来的に予想されるメドベッド関連医療製品サービスにつきまして、とくに関係ビジネスに取り組みたいとお考えの企業様等におかれましては、国内外の法律、薬機法(旧薬事法)等に準拠され、社会貢献くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


宇宙テクノロジー、量子メドベッドの可能性と市場展望に関する調査

調査コンサルティングの依頼

TOPに戻る