【特別調査】






2022年4月発刊




低温プラズマ応用産業の可能性と需要探索、市場展望に関する調査

 -低温プラズマのアプリケーション開発、市場予測、ビジネス戦略-


報告書完成 !

https://www.aqu.com/plasma-business/






はじめに

近年のプラズマ技術の進化はめざましいものがある。大気圧下における常温、さらに低温や零下、液中など、様々な条件下で放電することが可能となってきた。これらの新技術は、従来の高温プラズマに対して低温プラズマと呼ばれている。

この低温プラズマの技術はアプリケーションとして、表面処理、殺菌、水処理、コーティング、除染、創傷治癒などがあり、産業用途としては電子機器、半導体、繊維、ポリマー、プラスチック、自動車、航空宇宙、食品などがある。特に注目すべきは、今後、医療、農業、環境などにも拡大してゆき、幅広い産業の未来を創造、社会を大きく変えてゆく可能性がある、ということである。すなわち、安心安全(衛生管理) 、ライフ(生活)、グリーン(環境)などの分野でイノベーションが起きてゆくと予想される。

本調査では、低温プラズマ装置システムの世界市場規模は2022年見通し、19.5億ドルの規模と推計しており、今後、年平均成長率15%内外の成長が続くと予測。2030年には、市場は60億ドル規模に達すると予測している。現在、北米、欧州が成長市場となっているが、日本を含めたアジア太平洋地域の市場成長も加速してゆく。日本は技術力があり、小惑星探査機「はやぶさ」に搭載された「プラズマ・イオンエンジン」に象徴されるように、プラズマ技術は世界のトップクラスである。すでに、医療分野などにおいても、世界的な評価が出て来ている。

実際の需要度においては、会社員、公務員、経営者等、4,500人を対象に意識調査を実施したところ、プラズマ医療、プラズマ療法、プラズマ美顔器については、3人に1人の割合で、「使ってみたい」(利用してみたい)ということが分かった。このほか、欲求度が高いものとして、プラズマウォーター、モバイルイオン発生機、オゾン発生機、プラズマ栄養水、プラズマカプセルベッドなどが挙げられている。

いっぽう、研究者たちも、低温プラズマ技術の役割は大きいと考えている。「ウイルスが炭素を主体とする有機物で構成されている点を考慮すると、低温プラズマは室温で基本的に全てのウイルスを不活性する、最強の技術(ウイルス滅のプラズマ刃)である、と言及している。低温プラズマ装置は安価で容易にハンドリングすることができる。将来は家庭から公共施設まで、あらゆる場所で低温プラズマ装置が整備され、普遍的に使われる技術へと発展していく可能性がある。今なお悩み多き人類の課題であるパンデミックは、低温プラズマを基軸とした科学技術によって、乗り越えてゆけるといっても過言ではない。

世界は今、最先端のプラズマ機器と、プラズマニューアプリケーションを期待している。日本企業こそ、その期待に応えられるのではないだろうか。

当調査報告書は、低温プラズマ関連の内外の技術動向、市場動向の調査をふまえ、応用製品サービスの需要動向、関連技術製品の市場動向、市場予測、さらに、ビジネス戦略構想についてまとめたものである。当調査報告書が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いである。
  

                 AQU先端テクノロジー総研

 















表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)



関係者の感想コメントより

■「プラズマの環境応用を模索していたところ、この調査報告書に出会いました。すぐに購入させていただきました。」(研究開発ベンチャー)
■「長年、プラズマ装置の製造販売を手がけていますが、医療、歯科の分野に注力しています。有益な情報として活用させてもらっています。」(大手企業)
■「プラズマの全体市場の最新情報が得られ満足しています。」(スタートアップ事業会社)



◆セット定価 \165,000.- (本体 \150,000.-、消費税 \15,000.- )

↓ 以下よりお選びください。   


 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ)  ¥150,000.-(本体)  \15,000.-(消費税) 
 □ 報告書製本版 のみ  ¥90,000.-(本体)   \9,000.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ  ¥120,000.-(本体)  \12,000.-(消費税)

 □ 法人内共同利用版  (CDデータ版) ¥240,000.-(本体)  \24,000.-(消費税) 
 □ 法人内共同利用版  (製本版+CDデータ版) ¥260,000.-(本体)  \26,000.-(消費税)


ISBN 978-4-904660-46-1

◆レポート体裁 プリント製本A4版 、PDF ファイル 327頁
※製本版の場合、二分冊(上巻、下巻)として提供させていただきます。








◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)






【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、NEC、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、村田製作所、太陽誘電、ヤマハ、ヤマハ発動機、スズキ、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、JVCケンウッド、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、ニコン、コニカミノルタ、アズビル、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、野村総研、シードプランニング、旭化成、大和ハウス工業、資生堂、味の素、IHI、川崎重工業、JFE、国立研究開発法人、東京大学、東京工業大学、大阪大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学、日本大学、立命館大学、富山県立大学、その他多数(順不同)