【特別調査】





2022年11月発刊




量子未来有望ビジネス調査

 - 新発想による量子応用研究&最先端ビジネス調査予測-


https://www.aqu.com/quantum-mirai-business/

御覧いただき、ありがとうございます。 よろしくお願いいたします m(_ _)m



【調査刊行にあたって】

 近年、量子コンピュータ、量子暗号通信などの最先端市場が世界的に注目されている。こうした技術の根幹にあるのが、量子(Quantum)の研究である。

量子は粒子性と波動性をもつため、「物質」とは振る舞いが異なる。この量子の振る舞いを考察することにより、量子新時代におけるビジネス創出のヒントが得られると考えられる。

当調査では、弊社が過去に調査してきた、量子コンピュータ、IT生命科学、脳科学BMI・BCIなどの重要ポイントも抑えながら、量子ビジネスにおける、新たの視点を持つ、新発想ビジネスとして、量子に関係する脳や意識の関連市場、すなわち量子脳意識関連市場に注目した。

量子脳や意識の研究では、2020年ノーベル物理学賞を受賞したロジャー・ペンローズ博士の主張する量子脳理論や、日本の研究者による受動意識仮説などがある。最近では、人の脳が量子的な機能を持っていることが発表された (ダブリン大学研究者)。人の意識と脳が量子計算によってつながっているとも考えられ、広義的に考えると、意識テクノロジーやブレインテックという世界を含めて量子ビジネスが広がってゆく可能性がある。

量子技術はハードウェアとしての量子コンピュータだけでなく、量子暗号、量子通信、量子バイオ、量子マテリアル、量子AIなどの要素がある。現在の量子コンピュータ(国内サービス提供ベース)は、200億円規模だが、ハードの進化、開発環境の整備、アプリケーションの創出などにより、2030年には、3,000億円規模になると予測されている。量子コンピュータクラウドのサービスも整ってきており、実証実験も進みつつある。調査データでは、トータル的な量子産業の市場規模は2030年に国内市場、1.2兆円規模、世界市場では、8兆円規模と予測されている。量子コンピューティングは今後、15年から30年で4,500億ドルから8,500億ドルの価値を創出するとの見方もある(BCG社)が、このように世界的に量子産業への期待が高まっている。

ところで、注目される量子の新発想ビジネス関連としては、量子テレポーテーションの原理を生かした特許技術などがある量子加工のほか、量子ブレインテック、量子療法ヘルスケア、量子マインド瞑想、量子コンテンツ、量子コンサルコーチ、量子自己啓発など多岐にわたる。これらは研究開発途上やスモールビジネスの段階ではあるが、いずれも既存市場において付加価値が増す魅力度を持つことから、市場をけん引してゆこう。今後、量子という名称を持つ製品サービスが数多く登場してくると予想される。市場は大きな可能性が広がっていると考えられる。

今回の意識調査では、量子のスモールビジネスに目を向け、水の共振技術や光量子エネルギーなどの特許技術、さらに個人でもできる量子関連ビジネスなども取り上げ調査したところ、「これから副業したい人」では、「量子新発想ビジネスに期待する」は、38.7%と比率が高まっていることが分かった。

働き方改革のもと、大企業において副業を認める傾向が強くなっており、厚生労働省なども後押ししている。そのような動きの中で、量子の概念を広義にとらえた量子スモールビジネスでは、中小零細も参加しやすい、特許化された量子技術応用製品の製造、流通、代理店販売等、さらには、個人も参加しやすい、量子脳意識関連ビジネスなど、さまざまなビジネスチャンスがあると考えられる。

当調査報告書は内外の市場動向、実際の需要動向調査をふまえ、量子未来有望ビジネスの市場動向、市場予測、さらに、ビジネス戦略構想についてまとめた。当調査報告書が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いである。                


AQU先端テクノロジー総研










表紙

表紙、目次
(PDFファイル)

サンプル

内容サンプル(全体)




◆セット定価 \132,000.- (本体 \120,000.-、消費税 \12,000.- )

↓ 以下よりお選びください。   


 □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ)  ¥120,000.-(本体)  \12,000.-(消費税) 
 □ 報告書製本版 のみ  ¥80,000.-(本体)   \8,000.-(消費税)
 □ CD(PDF電子データ) のみ  ¥90,000.-(本体)  \9,000.-(消費税)

 □ 法人内共同利用版  (CDデータ版) ¥240,000.-(本体)  \24,000.-(消費税) 
 □ 法人内共同利用版  (製本版+CDデータ版) ¥260,000.-(本体)  \26,000.-(消費税)


ISBN 978-4-904660-45-4

◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 317頁

(製本版の場合、上巻、下巻の二分冊となります。)

※法人内共同版の場合、サーバーにデータをアップ、デジタルデータとして、全社員がデータ共有できます。






◆お問い合わせ 
AQU先端テクノロジー総研
Info@aqu.com

(当件に関するお問い合わせは、メールにて対応させていただきます)




【これまでの弊社調査資料購入実績企業の例】
(_ _)


パナソニック、ソニー、東芝、シャープ、日立製作所、三菱電機、カシオ計算機、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、富士フィルム、NEC、富士通、富士通総研、沖電気工業、TI、セイコーエプソン、SII、オムロン、村田製作所、太陽誘電、ヤマハ、ヤマハ発動機、スズキ、ブラザー工業、島津製作所、京セラ、パイオニア、クラリオン、JVCケンウッド、プラザクリエイト、NTT、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、大日本印刷、サイバード、ニコン、コニカミノルタ、アズビル、マッキンゼー、アクセンチュア、みずほ情報総研、野村総研、シードプランニング、旭化成、大和ハウス工業、資生堂、味の素、IHI、川崎重工業、JFE、国立研究開発法人、東京大学、東京工業大学、大阪大学、京都大学、早稲田大学、慶応大学、日本大学、立命館大学、富山県立大学、その他多数(順不同)
  


■関連調査報告書

『 低温プラズマ応用産業の可能性と需要探索、市場展望に関する調査
-低温プラズマのアプリケーション開発、市場予測、ビジネス戦略- 』
https://www.aqu.com/plasma-business/

『宇宙テクノロジー、量子メドベッドの可能性と市場展望に関する調査
-情報開示を契機に注目される最先端テクノロジーの未来戦略-』
https://www.aqu.com/space-tech-medbed/